ホーム>輻射熱とは?

輻射熱とは?

輻射熱とは?

輻射熱とは?

太陽からはたくさんの電磁波が出ていますが、赤外線が一番熱を持っています。
輻射熱自体は熱を持っていないませんが、ものに振れると摩擦熱で熱を感じさせます。
夏は赤外線量が多いため余計に熱く感じるのです。気温25℃でも暑く感じるのはこの輻射熱が原因です。

従来は断熱材で家を囲えば、外の熱が入り込まないので夏の暑さは入り込まないし、
冬は室内の熱が逃げていかず寒さも防げると考えられていました。
しかし、断熱材では伝導熱と対流熱は防げますが、輻射熱は電磁波のため遮ることができませんでした。しかも、建物を移動する熱の75%は輻射熱と言われています。

そこで「遮熱」という考え方が生まれました。
「遮熱」とは熱が入り込まないように輻射熱を反射してしまうことです。遮熱単体では伝導熱や対流熱を遮ることはできません。

そこで生まれたのがトップヒートバリアーです。
メーカーの日本遮熱株式会社が特許を取った施工方法ATIS&AYAS工法によって断熱材が不要になりました。トップヒートバリアーはそれ1枚だけで輻射熱、伝導熱、対流熱を遮断することができる画期的な建築材料なのです。

熱の正体

熱移動の三要素

熱の移動には3つの方法があります。

伝導熱
1、伝導熱

熱が物体を構成している分子運動が次々と隣の分子に伝播する熱移動のことをいいます。
私達が冷たいガラスに手を当てると冷たさが手に伝わってくるのが解かりますが、この様に温度の異なる物体を接触させることで熱が移動します。勿論、気体や液体でもおこりますが、この様な流体の場合は伝導熱と対流熱が複合して起こる場合が多いのです。

対流熱
2、対流熱

気体や液体の内部に温度の不均一があると、高温の部分は密度が小さい為浮力で上昇、その部分に低温の密度の大きな流体の塊が入り込み、高温と低温の流体の塊が混合して全体の温度が一様になるまで移動し続けるものです。
この移動方法は上下動のみで、室内で使用するエアコンはこれを強制的に上下だけでなく横方向にも熱移動させたものです。

輻射熱3
3、輻射熱

1点から放射状に一直線に進む放射熱のことで、他の物質に当ると熱を発する性質を持っています。
全ての物体は、その温度によって決定されるある特定の波長と強さの波をその表面から放射しています。これを熱放射と言いその正体は電磁波です。
この電磁波は、他の物質に吸収されると再び熱となって物体の温度を上昇させることになります。日常使われます遠赤外線ヒーター等は、途中の空気は殆ど暖めませんが人体、床、壁、家具等に当ると、それを温め、二次輻射を伴い部屋の隅々まで温かくします。

断熱と遮熱の違い

断熱材の代表であるグラスウールに幅射遮を照射すると90%以上が熱となり、断熱材はまるで熱のかたまりの様になってしまいます。
夏の夜、室内が遅い時間まで熱いのは、この蓄積された熱がジリジリ放出される為です。又、冬場は冷熱のかたまりになりますので、いつまでも寒い環境となってしまいます。

遮熱とは輻射熱を遮ること

輻射熱1

熱を遮ることで、外側からの輻射熱は外側に
又、内側からの輻射熱は内側に反射させ、内外の熱移動を無くすことにあります。

建物の周囲をトップヒートバリアーで囲むと、屋外からの熱は屋外に反射させます。又、同様室内側の熱は室内側に反射させることになります。

お問い合わせ